遺伝子検査で自分ががんにかかる率は?早期発見の血液検査キットも合わせて紹介

自覚症状のない早期のがんを発見 検査キット「がんリスクチェッカー」

 

自覚症状のないがんをどう検査するの?

 

 

それは、自覚症状のない早期のがんで検査結果の値が高くなるp53抗体検査

 

早期発見のためのスクリーニング、がん診断の手がかりを得る検査「CEA」

 

 

この二つでがんの早期発見します。

 

 

血液検査でわかること

 

>>がんリスクチェッカー検査キットの詳細はこちら<<

 

大腸がん、乳がん、食道がんを発見! 「p53抗体検査」

 

自覚症状のない早期のがん(特に 大腸がん、乳がん、食道がんなど)で検査結果の値が高くなるp53抗体検査

 

 

根治のできる可能性の高い段階での発見ができるとし、他の腫瘍マーカーとの組合せで各病院でも検査を推奨しています。
p53抗体は遺伝子変異に起因する測定法で、がん以外のものに反応しにくく、陽性判定の精度が向上とのこと。

 

 

完治の可能性のある段階での発生に有効と厚労省の新規検査項目の概要にもあるのだとか。

 

 

p53抗体と、従来の腫瘍マーカーで最も汎用的に使用されている「CEA」検査を組み合わせることで、
がん罹患の可能性を含む早期ステージからがん罹患状態の中・後期ステージ、さらにはがんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効な検査なのです。

 

 

>>がんリスクチェッカー検査キットの詳細はこちら

 

 

 

がん診断の手がかりを得るための検査「CEA」

 

がんの早期発見のためのスクリーニング(ふるいわけ)をし、がん診断の手がかりを得るための検査「CEA」

 

 

CEAは、主に消化器系の臓器ががん化すると増加するタンパクなんです。
だからCEAの量を調べることにより、がんの補助診断に役立つというわけなんです。

 

 

CEAは、消化器系のがん、特に大腸がんや胃がん、すい臓がんなどの指標として用いられています。

 

 

がんの進行するほどCEAは高値となります。
ですが、がん以外でも肝硬変、慢性肝炎、閉塞性黄疸、糖尿病などでも高値になることもあります。

 

 

だからCEAだけが高いからと言って、必ずしもがんにかかっている…というわけではないとのこと。
だから、がんリスクチェック検査キット(血液検査)ではp53抗体検査と一緒にやっているんですね。

 

 

>>がんリスクチェッカー検査キットの詳細はこちら

【PR】